TRICERATOPS 墓地・霊園のデザインとは?

全国に数多くある墓地・霊園の中には、全体のレイアウトや、建築物としての機能性、デザイン性に優れている場所が多数あります。 安らかに永久に眠れる場所としてふさわしいキラリと光る霊園・墓地をご紹介します。見つけ次第次々とアップしていくのでお楽しみに!

日本の墓地の種類

日本の墓地には、大きく分けて下の3つの種類があります。主に経営主体によって分別されます。それぞれの墓地の特徴は以下のようになっています。この3種類にわけてそれぞれデザイン・景観等が素敵な墓地をご紹介します。

寺院墓地

お寺が運営している墓地のことです。そのお寺の檀家になっている人が主に利用する墓地のことです。 ですので、そのお寺の檀家になっていない、宗派が違うとなれば入ることができません。 寺院墓地は、お寺の建立と同時に設置されることが多いので、古い時期に設置されたものが多く、 また立地もお寺のそばにあります。デザイン性から見るとあまり凝っていないことが多いです。

民営墓地・霊園

宗教法人・公益法人や、民間の会社が運営している墓地や霊園のことです。 宗旨・宗派を問わず誰でも入ることができ、住んでいるところも問わないところは便利ですが、 入るための購入費・管理費などが高めです。また、民間なのででずっとその墓地・霊園が管理され続けるかという保証はありません。

デザイン的には他の墓地・霊園と比べて非常に美麗であり、休憩所や設備なども充実しています。 大規模な霊園が多いため、周囲が公園のように整備され行楽に出かけるような感覚でお参りにいくことができるでしょう。 また、石材店が指定のことが多いので並んでいる墓石も統一感があり比較的自由に面積、墓石デザインを選ぶことが可能なので自分にあったお墓を作りたい人には最適です。

公営墓地

市町村などの地方自治体が管理・運営している墓地です。属している宗派に関係なく、費用も安いことが特徴です。 現住所がその自治体にあれば誰でも入ることはできます。整備や管理も行き届いて長期的な点では一番安心です。

ただ新しくまとまった用地を取得することが難しく、郊外を覗いて新規でオープンすることは少なく、 空いていてはいることができたとしても交通の便が不利なことがあります。 デザイン的には用地に基づいてめいっぱい区画整理を行うため、簡素・シンプルなレイアウトになっている場所がほとんどです。